非常勤医師の求人と自分にあった働き方

収入は良いけど、ハードな仕事

医師 求人精神科 常勤医師求人 検索結果|e-doctor

非常勤医師求人での働き方を選ぶことで、自分にあった働き方をできるようになりました。
世の中的にはお医者さんという仕事は、お金がたくさんもらえて良い仕事と受け止められますが、かなりハードな仕事でもあります。
一般の病院は交代制、夜勤もありますし週末も出勤をすることはあります。
患者さんの様態の変化によっては、夜中に自宅で寝ていても呼び起こされての出勤ですし、労働時間は長くて夜勤続きの時などはもうヘトヘトです。
テレビドラマや映画の中では、人間が病院で最後のときを迎えるシーンでは、家族に感謝をして家族も逝く人を惜しみながらのハッピーエンド、しかし現実にそんな美しい最後はありません。
長く病院勤務をしてきての経験からしても、最後は凄まじいものがあります。
逝く人が感謝で最期を迎えることはないですし、苦しみの中で恨み言を口走るとか、家族もなかなかひどいものであり、病院側の責任にしたりと修羅場が待っています。
今では海外のように日本でも、すぐに医療ミスと騒ぎ立てて裁判を起こす時代、医者側としても、医師免許剥奪になったら生活はできなくなりますし、現代の医療現場の医者たちは昔の医者のように、威張ってはいられない過酷な環境化で働いています。
おまけに医療の世界というのは実に狭いもの、未だにヒエラルキーはありますし、それは地方病院に行けば行くほど、上限関係と権力は未だに根深いものがあります。

収入は良いけど、ハードな仕事今と昔の医療期間の事情自分に働き方に合った選択医師専門の求人サイトを利用して転職活動をしたことについて

非常勤の医師求人で常勤転職先候補の仕事を体験することもできます

医師はサラリーマンと違い、非常勤の仕事、いわゆるアルバイトが収入に占める割合も多い職業です。
また、自分のスキルやそれぞれの状況に応じて職場を変えやすくなった分、転職の頻度も増加してきました。
職場を変えやすい環境も以前より整ってきています。
ただ、自分のスキルを本当に活かせるか、働きやすい病院なのか、病院の雰囲気や一緒に働いている医師にはどんな人がいるのかなどは病院に面接したり、
転職エージェントの話を聞くだけではすべてはなかなか理解できないのが現状です。
病院の雰囲気など、常勤での転職先候補の雰囲気を見るにはやはり働いてみるのが一番だということを体験しました。

常勤転職先を探しているとおそらく同じ病院と思われる病院で非常勤の求人が出ていることがあります。
それだけ医師が足りていない病院ということでしょうが、応募してしまうとそれはそれで面接に進んで、その病院のいいところしか見せてくれない感じがあって、働き始めた後にこんなはずではなかったのにと思うのも嫌なので、できるだけ非常勤でアルバイトしてみようと思いました。
実際に求人でインターネットで出ていた求人に応募し、どのような病院なのか体験したことが2回ありました。
結局、2つの病院ともあまり、いい印象を持てなくて常勤での応募は見送りましたが。

最初の病院は地域的には、生活保護や低所得者の多い地域であることが非常勤として働いてみてわかりました。
病院の建物も古くて決して働きやすそうな病院という印象は持てませんでした。
実際、診療していると患者さんからの言葉使いが悪く、友達か古くからの知り合いかというほどなれなれしい人、
しかも夫婦でいわゆるヤンキー系の服装をしていたり、その前の診察でもらったお薬を全く飲んでいなかったりとなかなか厄介な患者さんが多い印象でした。
保険も生活保護が多く、看護師からもあまりいい話が聞けず、とても常勤先としては選択する対象にもならないという感じです。
非常勤でもあまり働きたくないと思うような病院で、常勤として応募する前にその病院を体験してみて本当によかったと思いました。
もし常勤として働き始めてしまったら、大きな後悔をしていたと思います。

もう一つの病院は小さな病院で、こじんまりとしていて私の体力も落ちていることを実感し始めていた私にとっては、かなり有力な候補となっていた病院でした。
こちらの病院は転職業者からなんとなくの話を聞いていました。
一つ目の病院よりはいい印象だったのですが、やはり、本当の病院の姿は働いてみて感じたいと思ったので非常勤として働いてみました。
いわゆる外来のアルバイトです。
たまたま、常勤医の先生が休みで代診が必要だったようです。
働いてみて患者さんは感じの良い人が多く、看護婦さんたちもてきぱきと動いていて、問題はなさそうでした。
患者数も多すぎず、少な過ぎずという感じで、体力的にきつい感じもありませんでした。
これなら働けるかもと思いつつ、アルバイトのお給料の支払い期日になりました。
しかし、一向に振り込まれる気配がありません。
私の勘違いかと思ったので確認してもらったところ、振込先を記入した書類をなくして振り込めないとの返事でした。
振り込み期日はとっくに過ぎています。
振込先がわからなくなったのならばその理由を正直に話し、改めて聞いてもらえばまだしも、
期日も過ぎてこちらから問い合わせなければいつまでたっても振り込む気がなかったのかと思うととても腹立たしくなってきました。
先方はさらにあまり重大には考えていない様子、簡単にすいませんでしたのメールぐらいあればまだましですが、それすらしで仲介業者からの伝達のみで終わりでした。
どれほどいい加減な病院なのかがわかり、この病院も転職先候補からは外しました。
働いた時の印象は悪くなかっただけに、失敗しなくてよかったと思った出来事でした。